ケガのないように・・・

Category : I ♥ BaseBall
危険球1

危険球2

危険球2

四球連発は草野球には付きものですが、
死球連発は笑えないですね。

笑って見てましたが・・・

ボールボーイカップR270でのひとこま。

決定的瞬間を撮り損なったのが残念。
「もう一回お願いします」とはさすがに言えなかった。

Roun1の1位通過

Category : BBC Topics
東Aブロックで3チームが、試合日程を終了。

その結果、上位2チームの順位が確定しました。

1位:御瀧フレンズ 4勝0敗
2位:The Friendship Knights 3勝1敗

御瀧フレンズはCHAMPIONSHIP(トーナメント)に進出決定です。
The Friendship Knightsはワイルドカードで、ポイントランキングの結果待ちですが、
CHAMPIONSHIへの進出はかなり濃厚です。

御瀧フレンズ


マリンスタジアム

Category : Ground Info.
ボクが尊敬するロッテの渡辺俊介投手のブログです。

ボールボーイネットとちょっと関連したネタだったので、ご紹介します。

プレート交換中

渡辺俊介投手はプレート板の上を踏んで投げます。

ボクも渡辺俊介投手を真似て、プレート板に軸足を置いて投げています。
ですから、この話、ボクにとってもちょっと興味深かった。

プロでも草野球でも多くの投手はプレート板の手前の土を踏んで投げますよね。
草野球では、マウンドがほんとうによく掘れてますもんね。

どうでしょう、あなたもプレート板を踏んで投げてみては?
そこらあたり、渡辺俊介投手の著書『アンダースロー論』を参考に・・・

なんと、日本が勝ちましたね~

Category : BBC Topics
予想通り?  予想外?

なんとなくセカンドステージが見えてきた?

オランダ戦にもなんか勝っちゃいそうな気がしてしてきた?

いやいや、そんなに甘くはない?

身の程を知れ?

ま~、いろいろ勝手に想像したり、皮算用するのも楽しからずや、ですね。

岡ちゃんの「試合終了のホイッスルは次の試合へのスタート」発言には
思わず笑ってしまいました。

だって、厳しそうなを懸命に作ってるんだもん!

勝ったことを喜ばなくてはパワーも湧いてこないんじゃないの、って思うけど・・・
でも、笑顔を見せたら、それを叱るファンもいるから仕方ないか、ご苦労さま。

その点、草野球はお気楽でいいですね。
勝てばすべてOKということで、試合中のミスやエラーの反省はなし。
あっ、負けても反省はしないか?

ボールボーイカップR270も佳境
そろそろCHAMPIONSHIPへの勝ち抜けチームが見えてきたかも・・・
アハハ、YesWeCanもだけど・・・

wild cats

NSD

WILD CATS(西地区B)とNSD(東地区B)の両投手。

「味方に足を引っ張られ・・・」と傍観者のボクがかわりに言います。
本人たちはが避けても言えないだろうから・・・

西A地区でも・・・

Category : BBC Topics
いよいよワールドカップが迫ってきました。

予選グループの初戦はカメルーン。
続いて、オランダ、デンマークと続きます。

このうちの2チームが決勝ラウンドへ進むわけで、
半分が行けるのだから「ひょっとして」と確率的に考えるのは甘いんですね。

チーム数が少ない分、1つも負けられない、
まったく息が抜けない、ミスをしたらお仕舞い、みたいな
相当にタフな戦いになることでしょうね。

さて、ボールボーイカップR270のRound1。
熱戦が続いています。

西A地区のレッドスターズが2勝2敗で日程を終了しました。
成績的にはNice Middleトーナメントあたりへの進出でしょうか?

次のお楽しみはお盆開けからです。

レッドスターズ
--- Back to ...................... ---
ball-boyバナー

バナーR270
--- ads ---
--- Monthly Archives ---
--- google ads ---

「いいね」よろしく!
--- Comment ---
--- google ads ---
--- RSS Link ---
最新トラックバック